新しい家は環境の下調べが大切です。

建て替えであれば問題ないのですが、新しい場所に住まうとなると、環境次第でせっかくの家も住み辛くなってしまいます。

実際に住むまでに近隣の人の情報を得る事は難しいので隣人トラブルまでは防ぐことは難しいですが、環境を少しは知ることが出来ます。「良い」という所が見つかれば、朝・昼・夕方・夜に見に行けるのであれば下見をしてみましょう。ゴミ出しの問題もありますし、治安の問題もあります。街灯も少なく、並んだ家の外灯もあまりつけていないという環境は夜道が暗くなるために女性や子供の一人歩きが心配になります。また、外灯をつけた家が多い地区は防犯意識も低くはないと思われます。

また、新興住宅地であれば住んでいる人も少ないために環境を知る事は少ないのですが、近隣との窓が向かい合わせになっているところがあり、使えないような場所はないか等、配慮されている家だと良いのですが、そうでない家が目立つようだと今後住んでいく内に住み辛くなるかもしれません。

新居は下調べをしておかないと「こうなるはずではなかった」という後悔がでてくるかもしれないので、十分な下調べをしておきましょう。